ラジオ体操でぎっくり腰予防!

日本に長年住んでいれば、誰しもがラジオ体操というものをご存知だと思いますが、これって皆さんが思うよりもずっと健康には良い影響を与えるって知ってました?

私もこれは人づてに聞いたり、本を読んだりして知った事ですので、あまり偉そうなことは言えないのですが、この数分程度の体操の中に、有酸素運動やストレッチなどが上手い具合に含まれている非常に有用な体操なんです。

ストレッチということは当然ぎっくり腰の予防にもなるということですよね。

あの腰を後ろに反らしたり、ぐるぐる回したりする動きは特に腰の筋肉をほぐしますので、当然結果としてぎっくり腰の予防にもなるというわけです。

また普通にストレッチや筋トレをすることでもぎっくり腰の予防にはなるのですが、これって結構継続することが大変だったりもしますよね。

筋トレはもちろんストレッチなども結構苦痛が伴うものですので、それもある意味しょうがないことだと思います。

しかしこのラジオ体操の場合、この体操自体が苦痛だと思った事はない人の方が多いのではないでしょうか。

小学生のとき朝早くから強制でラジオ体操をさせられていたと言う方も多いと思いますが、確かに早起きは辛かったですがラジオ体操自体そこまできつかったという記憶は少なくとも私にはありません。

きつくないということはそれだけしっかりと続けられるということでもあります。

周りの人に話すと、ラジオ体操なんて年寄り臭いと言われたりもしますが、あのぎっくり腰の辛さに比べたら、どっちをとるべきかというのは私にとっては明白なことです。

多少なりとも有酸素運動ですので、こうしたぎっくり腰の予防のほかにもダイエットにもつながりますので、是非日頃の習慣として試してみてはいかがでしょうか。



このページの先頭へ