ぎっくり腰は労災認定される?

普段の生活の中ではなく仕事中にぎっくり腰になってしまった場合、労災認定はおりるのかどうか気になる方も多いでしょう。

労災とは仕事中に災害などにあい、その際に従業員が怪我などをしてしまった場合におりる保険で、その治療費は全額事業主の負担となります。

ぎっくり腰の場合も病院などに行った場合などにはそれなりに治療費もかかりますので、もしあなたが仕事の最中にぎっくり腰になったのであれば、労災認定は非常に気になるところでしょう。

ここでまず結果から言ってしまうと、ぎっくり腰の場合労災認定にはなる場合とならない場合があります。

労災がおりるためには、はっきりとした仕事中が原因の怪我という証明が必要となり、ぎっくり腰になったときの状況が非常に大事となってきます。

例えば、倉庫などで働いており非常に重い荷物などを毎日のように働いていた場合、その荷物を運んだときになったものならば労災認定となる可能性があります。

しかし、机から立ち上がろうとしたときなど、普段の生活でも行っている動作の際にぎっくり腰になった場合などには、ほとんど労災認定は不可能と考えた方がいいでしょう。

また労災認定がおりるような状況でもお医者さんの診断書のようなものは必ず必要となりますので、必ず診断を受ける際に労災を希望しているという旨はしっかりと伝えておいた方が良いでしょう。

ぎっくり腰に関しては労災の認定が中々されないという話も聞きますが、明らかに仕事が原因でぎっくり腰になった場合には遠慮せずにしっかりと労災の申し込みをするようにしましょう。



このページの先頭へ