ぎっくり腰の予防法と体操や運動

ぎっくり腰は癖になる怪我だと言われていますので、一回でもぎっくり腰になった人は予防をするためにも色々なことを考えなけれればなりません。

何回も繰り返せば繰り返すほど、ぎっくり腰は再発する可能性というものはどんどん高くなり、ぎっくり腰になりやすい体質になってしまいますので、やはりそれなりに日頃から予防法に気を使った方が良いでしょう。

頻繁にあの痛みを味わうことを考えるだけでぞっとするってものです。

ちょっとしたことでも毎日のこととなると面倒だと思うかもしれません。
しかし、一回でもぎっくり腰になってしまったことのある人は、是非運動や体操、もしくは普段の体勢などに気を配るようにし、極力ぎっくり腰の再発を予防するようにしましょう。

運動不足をしっかり解消

意外かもしれませんが、ぎっくり腰になる人というのは、普段重労働をしているような人たちではなく、普段多くの時間を座って過ごす人たちに多いと言われています。

立っていれば上半身の負担が足腰に分担されますが、座ることで上半身の重みが全て腰にかかることになりますのでその分腰の負担も大きくなります。
特に背筋を曲げて座っていることで、より腰への負担がかかりますので、座るときにはその姿勢にも気を使い、背筋を伸ばして座った方が良いでしょう。

また、腰への負担を少なくするだけではなく、大腰筋を鍛えることで怪我に強い腰を作ることもできます。

この大腰筋は、背骨と骨盤、下半身をつなぐ大事な筋肉で、ここが弱くなると骨盤は上半身の体重を支えきれなくなってきます。

この大腰筋の鍛え方はウォーキングが一番手軽なものとして知られていますが、プールの中を歩くだけでその効果も高くすることができますし、それらを毎日するのが難しいという人は家の中で「もも上げ」などを行うと良いでしょう。

その他のぎっくり腰予防法

これらの他にも、お風呂などでしっかり腰を温め血行を良くすることや、手を腰にあてゆっくり上半身をひねるなどのストレッチ運動もぎっくり腰の予防には効果が高いと知られています。

また、肥満などは体重によって腰への負担が増えるので、なるべく避けたいものでもあります。

腰は体の中心にある大事な部分です。

是非、これらの運動や体操、そしてストレッチなどを行って大事な腰をいたわってあげてくださいね。



このページの先頭へ