腰の痛みと内臓の病気

腰の痛みの原因となるものには、ぎっくり腰のような外傷的なものと、内臓が疾患を起こしたために起こる内科的なものがあります。

当然この外傷的なものと内科的なものではその治療法も違ってきますし、内科的なものである場合には、その腰痛に隠れた病気の大事なサインとなる場合もありますので早急な処置が必要となってくる場合もあるでしょう。

「たかが腰痛、されど腰痛。」なんて私が先生に言われた言葉でもあるのですが、病気に伴う腰痛の場合はこの言葉が見事に当てはまるのではないでしょうか。

内臓疾患による腰痛の場合、尿路結石、膵炎、膵臓癌、子宮筋腫、卵巣膿腫、胃癌など、聞くだけでぞっとしてしまいそうな病名を目にする事があります。

もちろんこれらの病気の場合、腰痛以外にも様々な症状が現れてきますので、腰痛だからこれらの病気。と一概には言う事はできないのでしょうが、不安な方はやはり早めの診察を受けた方が良いでしょう。

これらの知識を知ってしまうと、たかがぎっくり腰にかかってしまったくらいの私は何とも幸せなことだろうと思ってしまいます。

もちろんあのぎっくり腰の激痛は二度とご遠慮願いたいものですけどね。



このページの先頭へ