ぎっくり腰の痛みがひくまでの期間

ぎっくり腰に実際に私がなってその時強く感じた事。
それが「一体この痛みはいつになったらひくんだー!!」ということでした。

元々堪え性のない私にとってぎっくり腰の痛みは非常に耐えがたいもので、痛みに耐えながら「神様。助けてください。もう悪いことしませんから。」などと都合の良いことを考えていましたね。

ぎっくり腰はなった瞬間が一番痛いの思うのですが、私の場合はこの身動きもできないような痛みというのがとりあえず一晩くらい続きました。

次の日になると流石にそこまでの激痛は和らいでいたのですが、まだまだじんじんとした痛みは続きます。

そして段々緩和されていくとは言え、それから1週間とちょっとくらいある程度の痛みは続いたのですが、一般的に見てもやはり1週間から2週間というのがぎっくり腰がとりあえず完治するまでの期間となっているようです。

これも多少は個人差があるとは思うのですが、もしそれ以上の期間痛みがあるようであれば、ぎっくり腰とは違った原因と考えられる場合もあるそうですので、そういった場合には早めに病院に行って診察を受けるようにしましょう。

脅かすわけでは決してありませんが、ぎっくり腰になっての1週間は本当に長いですよ。(笑)

是非ぎっくり腰にはならないよう、普段から腰のケアは怠らないようにしたいところですね。



このページの先頭へ