腰痛・ぎっくり腰病院の選び方

ぎっくり腰になったときに病院に行こうと考える方は多いと思いますが、どこの病院に行くかで迷うかたも多いのではないでしょうか。

ぎっくり腰の場合は一般的に整形外科に行くことが多くなっていますが、ぎっくり腰に関してはそこまで確立した治療法というものがないそうですので、ほとんどの場合湿布や痛み止めなどの薬を渡されて終わることが多くなっているようです。

整形外科以外だと、接骨院や整体院などに行く人も多いですが、これらのところでは中・長期に渡ってマッサージなどをしてくれるところも多くなっているようです。

そのためあまり時間は取れないという人は病院に、そして時間が多少かかってもじっくり治したいという人は接骨院などに行く人が多くなっているようです。

病院の選び方

普段腰などに持病を持っていて、信頼できるかかりつけのお医者さんがいるという場合は良いですが、普段あまり病院などに行かないという人は実際に行く病院選びに迷ってしまうという人も多いと思います。

そこで、ここでは簡単な良い病院などの選び方をご紹介しますので、どうぞご参考ください。

  • 電話の対応をが親切か
  • 病院内がしっかりと清潔に保たれているか
  • 話をしっかり聞いてくれるか。(一方的な話し方を先生がしないか。)
  • しっかりと日常生活での予防法や再発防止のためのアドバイスをしてくれるか

これらの中には実際に病院に行って診察を受けてみないと分からないようなものもありますが、一番最初の電話の対応を見るというものはかなり当てになるものだと個人的には思っています。

これら以外にも、友人や知人で実際に同じ、もしくは似たような症状で実際に病院に行ったことのある人がいる場合はその人の意見は積極的に聞いてみましょう。

やはり病院選びに関しては友人などの口コミに勝るものはないように思います。



このページの先頭へ